さくらのレンタルサーバーは個人利用に最適のレンタルサーバー

サクラのレンタルサーバレンタルサーバー

「さくらのレンタルサーバ」「さくらのマネージドサーバ」は、個人から法人まで幅広く利用できるレンタルサーバーサービスです。

目的に合わせて選べるプランがあり、月額換算131円からの「さくらのレンタルサーバー」から、高速ストレージSSD搭載モデルなどを占有できる「さくらのマネージドサーバー」までさまざまな用途に対応できる全7プランのラインナップがあります。

さくらのレンタルサーバのおすすめポイント
  1. 1996年の提供開始のレンサバの老舗的存在
  2. RAID10による冗長化と定期バックアップ
  3. さくらポケットさくらのレンタルサーバの余った容量を自分だけのオンラインストレージとして活用
  4. お試し期間:2週間
  5. さくらのレンタルサーバ
おすすめポイント
本記事記載の内容は記事執筆時点の価格やプラン、スペックであり、今後変更や廃止などされる可能性がありますのでご注意ください。
ご契約前に必ず公式サイトにてご確認いただけますようお願いいたします。

さくらのレンタルサーバ

サクラのレンタルサーバ

さくらのレンタルサーバーの基本スペック

さくらのレンタルサーバーの基本スペックは以下の通りです。

プランライトスタンダードプレミアムビジネスビジネスプロマネージドサーバ
月額料金131円524円1,571円2,619円4,714円13,200円
初期費用1,048円1,048円1,048円5,238円5,238円49,500円~
共有/専有共有共有共有共有共有まるごと
1台専有
容量10GB100GB200GB300GB500GBHDD700GB
SSD360GB
Cron×
独自ドメイン
さくらのドメイン
メールサポート
電話サポート
WordPress×
MySQL×◯(20個)◯(50個)◯(100個)◯(200個)◯(無制限)
SQLite
ドメイン利用最大数最大20最大20最大30最大40最大40制限なし(※6)
マルチドメイン設定
共有SSL×◯(※7)
独自SSL(IPアドレスベース)××××
独自SSL(SNI SSL(ネームベース))×
メールアドレス数無制限無制限無制限無制限無制限無制限
商用利用
再販
アダルトサイト××××××

コントールパネル

コントロールパネルは独自に開発されたもので、ドメインの追加、WordPressのインストール、メールアドレスの設定などが簡単にできるようになっています。

初心者でもあまり迷うことなく使えるコントロールパネルです。

WEBメール

さくらのレンタルサーバ、さくらのメールボックスで作成したメールアドレスは独自に提供されているWEBメーラーから読んだり書いたりできます。

サイトを高速・安定化させるコンテンツブースト

WordPressなどの動的コンテンツをキャッシュすることで、ページ表示速度の大幅な高速化が期待できます。

また、さくらのCDNサービス「ウェブアクセラレータ」を使用して、高速かつ安定したコンテンツ配信を実現します。

CDNとは?
CDN(Content Delivery Network)とは、オリジンサーバーのデータをCDNサーバーへキャッシュし、データの配信を肩代わりするサービスです。

できることイロイロ!豊富な機能

WordPressなどのCMSインストール機能やブログ、独自ドメインも使えてメールアドレスは無制限!アフィリエイトにも使えます。

また、複数のデータベースやセキュリティ機能を標準装備したプランもあり、ネット上のコントロールパネルで設定できます。

安心のサポート体制

メール・電話での無料サポートのほか、サポートWebサイトなども用意されており安心して使えるレンタルサーバーです。

障害に備えるデータバックアップ体制

さくらでは安定運用のために細心の注意を払っていますが、故障やトラブルを100%防ぐことはできません。そのため、万一の場合に備えたバックアップ体制を構築しています。

RAID1による冗長化

同一のデータを複数のディスクに書き込む「RAID1」方式でデータを保存しており、片方のディスクが故障しても問題なく運用を継続できます。

一定期間丸ごとバックアップ

公開サーバの情報を一定期間ごとに丸ごとバックを行っています。

高い稼働率を誇るサーバー環境

レンタルサーバーで利用されているサーバーは稼働率99.99%以上で、さくらインターネットスタッフが24時間365日サーバー環境の運用・保守を行っています。

モリサワフォントが無料で使える

株式会社モリサワの提供するWebフォントサービス「TypeSquare」から33書体がWebサイトに無料で使えます。

注意事項

WordPressの運用はスタンダードプラン以上でないと運用できません。
独自ドメインへWordPressをインストールする際は独自ドメイン直下にはインストールできません。
独自ドメインとしてWordPressを運用する際はサブディレクトリにインストールしてWordPressの設定でルートディレクトリを参照するようにします。
設定方法は運用中のWordPressのトップページのURLを変更するを参照してください。
さくらのレンタルサーバで独自ドメインを複数運用しメールアドレスを運用する際の注意点は、異なる独自ドメインに設定した同じユーザー名のメールは同じメールボックスで管理されます。
つまり「xxx@dommain1.com」と「xxx@domain2.net」は別々の名前として使えますが、メールは同じメールボックスで受信されます。
初期費用1,048円~
月額費用524円~
ディスクSSD 100GB~
無料独自SSLあり
バックアップあり(無料)
タイトルとURLをコピーしました